福島訪問中の中畑清さんより以下の伝言をいただきましたので、味スタ内避難所の掲示板に掲載しておきました。
ボランティアセンターにてメッセージを受けたら福島の娘さんにもお伝えします。

味スタ内にいる南相馬町 石川ふみおさん、まつこさんへ

娘の きょうこさん は福島に残り、現地の復興のために看護師として頑張っていくそうです。

心配しなくても大丈夫、とのことでした。

サイトより以下のお問い合わせがありましたので、味スタ内避難所の掲示板にも掲載しておきます。
ボランティアセンターにてメッセージを受けたらすぐにお知らせしますね。

渡辺めぐみさんへ
福島県立小名浜高校の同級生、武田祐子さんより

先日、味スタでいわきからの避難者を受け入れているというニュースを見つけました。
インタビュー記事の中に高校の同級生の名前をみつけ、本人にメールを送ったのですがアドレスが変わっていたようで連絡が取れませんでした。
現在私は東京に住んでおり、彼女とその家族、いわきの事が心配で連絡を取りたいと思っております。

(中略)

ちなみに連絡を取りたい人は、渡辺めぐみさんです。
福島県立小名浜高校の同級生、武田祐子だと伝えていただければ、分かってもらえると思います。

ツイッター上で以下の文章を発見し、昨夜味スタ内避難所の掲示板に貼っておきました。ボランティアセンターにて、メッセージを受け付けたらすぐにお知らせします!

味スタに避難してる浪江町の方々へ。権現堂字上柳町11-1大内接骨院の院長先生からコメントです。
「浪江のみんなバラバラになっちゃった(涙) 味スタに無事避難していたら元気出して事態好転するまで踏ん張ってて。こちらも忍の日々です。頑張ろう!」

ちなみに、院長御夫妻、御両親、御子息、全員無事です。現在、院長御夫妻と御子息は、宮城県名取市で被災者の方々の心身のケアをしながら避難生活を送られています。

© 2011 調布市被災者支援ボランティアセンター Suffusion theme by Sayontan Sinha